4月4日ドローンによる劣化調査を行いました。

現場撮影

マンションオーナー様、まずは調査依頼を!

災害として認められるかどうかは、建物の調査がポイントになります。

ご自宅が少しでも気になって二次災害など心配の方は、現地調査及びドローン調査の依頼ができます。

調査依頼はこちら

調査をご希望依頼や、建物調査のご質問がある方はLINE@にて受付をしております。

LINE@では災害情報も提供しています。

LINE@の登録はこちら  

様々な企業がドローン事業に参入して来ています!

市場規模15.2兆円と言われていますが近年、市場規模は更に上がってくるでしょう!

今後の日本に何故ドローンが必要か是非魅力を感じてください。

「2018年までに災害対策用ドローンが増加」
 
「2020年までに必要な操縦士の需要約14万人
 

※インフラ・家屋調査操縦士75000人
※災害、防災、人命救助23000人

第1の波

1983年~1993年10年間

IT革命40兆円

(パソコン、電子ファイルなど)

第2の波

1993年~2003年10年間

インターネット革命38兆円

(Google、ブラウザなど)

第3の波

2003年~2013年10年間

モバイル革命49兆円

(携帯、スマフォ、Line)

第4の波

2013年~2023年10年間

IOT革命国内91.3兆円
 
(人工知能・ドローン・ロボット・自動化・Wi-Fi・情報の多様化)

シィーエス株式会社は教習所を運営するに辺り教員免許(インストラクター)を取得。

 

newtopbner

ドローン操縦者になるためには、操縦者訓練校に入学し正しい知識と技術を学び

身に付ける事が今後最も重要になってきます。

皆様が思っている以上にドローン産業の加速が早いです!

ドローン操縦士養成の認定校は、

DS・J東京品川校(ドローンスクールジャパン)までお問合せ下さい。

建物調査やドローン空撮などに関するご質問がある方はメールにて受付をしております。