産業用ドローンの開発・販売を行うスカイロボットは、ドローンに搭載可能なインフラ点検用・マーキングシステム『スカイマーカー』の特許を取得した。

『SKYMARKER(スカイマーカー)』は、飛行中のドローンが塗料を封入したカラーボールを発射。構造体・建造物の検査や事故・災害時等にターゲットとなる箇所に、着弾破裂させて着色特定するためのマーキングシステムだ。このシステムにより、現場に向かう作業員に大まかな位置を指示するだけで、迅速に目標物を発見することが可能になる。また、ターゲットを継続的に目視可能な状態に維持することもできる。

ドローンからのマーキングシステムの課題として、発射時に大きな圧力を加えるとカラーボールがその場で破裂してしまうこと、ドローンが発射時の反動を受けてしまい、正確なマーキングができないことがあげられていた。

 

これに対して『スカイマーカー』は、バレルに装填したカラーボールに、バックスピンをかける構造を採用。大きな圧力をかけずにカラーボールの射程距離を伸ばすこと成功した。また、後方噴射排気管を設けたことにより、ドローンがカラーボール発射の衝撃の反動の影響を受けずに、正確にターゲットにマーキングを行うことが可能だ。

高度成長期から50年が経過して、当時に多く建築された建造物は、メンテナンスが必要な時期に差しかかっている。また2016年12月の博多道路陥没事故・笹子トンネルの崩落事故等の発生により、さらにインフラメンテナンスの必要性が叫ばれるようになってきた。

「空の産業革命」と言われ、年間経済効果は15兆円にものぼるドローンビジネスだが、その3分の1にあたる約5兆円をインフラ関連事業(建設現場の測量、工場進捗モニタ、維持管理、コンクリート製建造物の非破壊検査など)が占めており、インフラメンテナンス事業をさらに効率化する『スカイマーカー』は多方面から望まれていた製品といえるだろう。

関連情報

http://www.skyrobot.co.jp