No image

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とゼンリンは6月2日、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システムの実証実験を、北九州市内の学校跡地で実施した。今回の実験で得た知見を基にシステムの改良を続け、都市部などの有人地帯における自動飛行の早期実現を目指す。

NEDOは、IoT社会の実現に関連する周辺技術や技術課題の研究開発を推進している。一方、ゼンリンは自律飛行による山間部や離島への物資の配送、災害時の対応など、社会課題の解決に利用が期待されるドローンを安全安心に運航させるため「安全な飛行経路を示す3次元地図データ」「移動体通信網を用いたドローンの制御プログラム」「ドローンの状態をリアルタイムで把握する飛行履歴の解析技術」で構成する自動飛行支援システムを開発している。

両者は北九州市の協力の下、同システムの評価・検証のため、同市内の中学校跡地で3次元地図を用いたドローン自動飛行支援に関する実証実験を実施。

実証実験の主な内容は、基本飛行、障害物回避、安全行動の3点。基本飛行では、離陸し、グラウンドのネットと校舎の間を抜け、屋上へ着陸したとのこと。

障害物回避では、グラウンドを離陸して校舎を目指した。途中、樹木などの障害物があり、それを安全に避ける最適なルートへ変更し、ゴールへ着陸した。

安全行動では、離陸してネット沿いを飛ぶ途中で、トラブル発生を想定し、ルートを外れて最寄りの安全な着陸地点へ着陸。

今後は、同実験で得た知見を基にシステムの改良を続け、2020年代頃からの実現目標として設定されている飛行レベル4「都市部等の有人地帯での目視外飛行」の早期実現を目指すとしている。

なお、同事業は2016年7月に経済産業省及びIoT推進ラボの第2回先進的IoTプロジェクト選考会議である「IoT Lab Selection」において準グランプリとして選定・表彰を受け、同会議の支援機関の1つであるNEDOの事業として採択・実施している。

建設業を筆頭に様々な企業・地域がドローンの活用に力を入れてきています。

今後の日本に何故ドローンが必要か是非魅力を感じてください。

「2018年までに災害対策用ドローンが増加」
 
「2020年までに必要な操縦士の需要約14万人
 

※インフラ・家屋調査操縦士75000人
※災害、防災、人命救助23000人

第1の波

1983年~1993年10年間

IT革命40兆円

(パソコン、電子ファイルなど)

第2の波

1993年~2003年10年間

インターネット革命38兆円

(Google、ブラウザなど)

第3の波

2003年~2013年10年間

モバイル革命49兆円

(携帯、スマフォ、Line)

第4の波

2013年~2023年10年間

IOT革命国内91.3兆円
 
(人工知能・ドローン・ロボット・自動化・Wi-Fi・情報の多様化)

はじめは誰もが難しそうに操作していますが、操作していくうちに確実に上達し自信も付いてくるのでスクールに通って専門的な知識や技術を学ぶ必要があります。

皆様が思っている以上にドローン産業の加速が早いです!

topbner

ドローン操縦士養成の認定校は、

ドローンレスキューまでお問合せ下さい。

建物調査やドローン空撮などに関するご質問がある方はメールにて受付をしております。