9%e6%9c%8822%e6%97%a5-%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98-%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e4%ba%86_5627

今回は、埼玉県蕨市のお客様から軒下に雨漏りがあるので点検してほしい

とのご依頼をいただき、二次災害が起こる前に調査・点検に行ってきました。

現場調査のチェックシート

建物の調査では点検に漏れが無いように、チェックシートを使いながら、

不具合を確認。 今回の調査では軒に破損が見うけられました。

image1

破損原因と結果

破損した原因は、自然災害なのか?それとも経年劣化なのか?

シィーエス株式会社(japan47)として経年劣化による破損であると判断した為、通常工事を行いました。

補修前 補修後
9%e6%9c%8822%e6%97%a5-%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98-%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e4%ba%86_5627 9%e6%9c%8822%e6%97%a5-%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98-%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e4%ba%86_1569
9%e6%9c%8822%e6%97%a5-%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98-%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e4%ba%86_2147 9%e6%9c%8822%e6%97%a5-%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98-%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e4%ba%86_1027
雨漏りが見受けられます。 補修し塗り替えました。

なぜコーキングの打ち替えが必要なのか?

コーキングの剥がれ、劣化は、約10年で発生します。そのほとんどは紫外線劣化が原因です。ちゃんとした施工方法でない場合は、もっと短期間で剥がれることもあります。窓枠などは、普段雨が当たらないので、雨漏りとは無関係と思われがちですが、そんなことはありません。

近年では、軒が短いまたほとんどない住宅が増えていますので、意外と2F窓や外壁には、雨が当たっています。特に台風時には、窓枠から雨漏りが多いようですので速めの対策を心掛けて下さい。

 

まずは調査依頼を!

災害として認められるかどうかは、建物の調査がポイントになります。

ご自宅が少しでも気になって二次災害など心配の方、現地調査やドローンによる家屋調査の依頼ができます。

調査依頼はこちら

調査をご希望依頼や、建物調査のご質問がある方はLINE@にて受付をしております。

LINE@では災害情報も提供しています。

LINE@の登録はこちら